患者様との信頼関係を…大切に心休まる治療を心がけます。

よくある質問

よくある質問

患者様より寄せられる質問の一部をご紹介いたします。

Q授乳中ですがマンモグラフィー検査を受けられますか?

A授乳中は超音波(エコー)検査による診察となります。

Q今生理中ですが、検査に適した時期などありますか?

A乳がんの検査は乳房の張りの少ない時期が適しています。
生理前1週間から生理中前半ぐらいはできたら避けた方がよいかもしれません。

Qいつも、肌へボディークリームを付けていますが、検査の時もいいですか?

A検査当日は、ボディークリーム、制汗剤など検査前はお控え下さい。

Q検査の日の服装は?

A上半身は下着も含めて脱ぎますので、上下離れた洋服がお着替えによいでしょう。

Qマンモグラフィ検診は痛いと聞き、受診を迷っています。

A乳房を挟みながら圧迫して上下、左右方向から撮影しますので、痛みを伴うこともありますが、レントゲンで撮影するだけなので、検査は短時間です。

乳房を挟んで薄く均等に広げることで、少ないレントゲンの量で乳房の中をより鮮明に見ることができます。しこりとして触れる前の早期の小さな乳がんを見つけることができます。

Q乳がん検診はどのくらい(回数・頻度)受ければいいのでしょうか?

A原則的には、2年に1回(あるいは1年に1回)を心がけましょう。
乳がんの発生リスクが考えられる人、例えばお母さんが乳がんにかかった人は半年毎くらいに受診しましょう。

Q乳がんにかかりやすい人っていますか?

A乳がん患者は、あらゆる年齢に発生しますが、年齢的には40代から50代が乳がんになりやすいとされています。
この時期の方は、定期検診を受ける事をお勧めします。
また、家族の中に乳がんになった事のある方がいる家系では、遺伝や家系的に乳がんになりやすいリスクが、そうでない方に比べて多いと言われています。
そして、エストロゲン(ホルモン)が多く関係しているとされており、出産・授乳の経験がない、初産が高年齢、初潮が早く閉経がおそい(ホルモンにさらされる期間が長い)、肥満傾向にある方などが乳がんのリスク要因とされています。

Q早期発見するにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

A乳がんは身体の表面に近い部分にできるため、観察したり触れたりすることで自分でも見つけることができます。まずは自分の乳房に関心をもってみましょう。
しかし確実に早期発見するには定期的に乳がん検診を受けることです。

その他ご質問・ご相談がある方はお問い合わせください。